アルバイト

【経験者が語ります】デリバリーバイトの実態

こんにちは!

今回は自分の経験したバイトの一つである飲食のデリバリー系についての記事です。

自分は約1年間デリバリーバイトをしていた経験があり、その実態について書いていきます。

皆さんはデリバリーを利用したことはありますか?今では寿司屋やピザ屋だけでなく、大手ファストフード店やファミレス店でも行っていて、UberEatsの普及によりレストランでもご利用できます。

外出の気分じゃない時や雨の日など楽に食事を済ませたい方がいると思います。その時に家に直接料理をと届けてくれるサービスをデリバリーと言います。

そんなデリバリーがどのような過程で行われているのか、また稼げるのかを経験者である自分が細かく解説していきます。

こんな人に読んでほしい
  • デリバリーバイトに興味がある
  • 新しいバイトを探している
  • デリバリーバイトの内部事情を知りたい

ではさっそく解説していきたいんですが先に注意点を言っておきます。

  • すべての業態で同じとは限りません
  • 自分は大手ファミレスのデリバリーを経験

家に届けるまでの過程

どのようにして家まで届けられるのか皆さんはご存知ですか?

なんとなくわかっている方が多いと思いますが、詳しく自分の働いていたお店での流れについて解説していきます。

1.注文を受け取る

注文を受注し、調理を開始します。 自分の働いていたお店では直接注文を受けることはなく、テレフォンセンターが一括して行っています。注文が入ったら確認して、調理を開始します。調理はキッチンのスタッフがやってくれまし。お店によっては直接注文を受けて、そのまま調理を開始することがあると思います。

2.できた料理の包装

この包装はパッキングとも言われ、蓋をして必要な調味料(ケチャップやソースなど)を付け加えます。

3.安全確認をして出発

料理を専用のバックに詰めて出発です!その前に住所の確認やルートの確認があります。自分のバイト先では配達員専用のスマートフォンがあり、その中のアプリから簡単にルートを検索してくれるので作業的には簡単です。

この時に必要なもの(箸や領収書など)や詰め忘れがないか確認をします。この時に忘れ物をしてしまうとクレームになってしまう恐れがあるので気を付けます。

4.料理を渡してお会計

到着したら玄関口にてお会計をします。広い集合住宅や構造が複雑なマンションなどに配達をして、部屋の位置がわからない場合は、お客さんに電話をして聞くか、管理人などに聞いて部屋まで行きます。

お会計は現金かクレジットカードの場合が多く、最近ではQRコード決済を行っているところもあるので場合に応じてお会計をします。最後に注文した料理かを確認をして配達終了です。しっかりと確認をしないとクレームの原因になってしまいます。

また、主に寿司屋で多いですが、容器(桶)の回収があるお店もあります。

5.清算

その日に配達して、受け取った売上金を清算します。

自分の働いていたお店では基本的に勤務終了時に行っているが、お店によっては数回に分けて行うとこもあります。

以上が家に届けるまでの過程です。

1度に数件行く場合もあるので忘れ物には気を付けていました。また、最近では専用スマートフォンがあるお店が多いので、住所検索をする面倒がないので、スラスラと配達ができます。

また、最近では専用スマートフォンがあるお店が多いので、住所検索をする面倒がないので、スラスラと配達ができます。

労働環境

個人的な意見だと、楽です

店内にずっといるホールやキッチンのスタッフと違って、基本的に配達から帰ってきたらすぐに配達に出発するので外で運転することが多いです。その分外の空気がすえて、座ることができるので店内よりは楽だと思っています。

ただし、暑さや寒さ、雨などが特に嫌いな方にはおすすめしません。当然35度を超える猛暑日や氷点下の日にも配達をし、雨の日にも配達があります。※台風や大雪の場合はないことがあります

なので、それが嫌な人はやめた方がいいです。多少我慢ができるようならお勧めします。

稼げるの?

バイトをする人の1番気になっている部分が稼げるかです。多少我慢しないといけなくても稼げなかったらそのバイトをするメリットはゼロです。

結論から言うと稼げます。

稼げる理由は時給がいいからです。

自分の働いていた地域の平均的な時給は950~1050円ほどですが、デリバリーバイトの時給は1200円でした!普通に考えて稼げます。上記の労働環境でも耐えられるのであれば、お勧めします。

実際に週三回(4~5時間)ほどのバイトで月7万程稼ぐことができたので効率よく稼げるほうだと思います。

当然事故のリスクはあります

公道に出て配達をするので事故のリスクは当然あります。

それは加害者になる場合もあるし、被害者になる場合もあるのでこのリスクは承知の上で行ってください(契約書にも記述がありました)。

しかし、保険はしっかりとあるので安心してください。

始めるにあたって自動車保険に加入する必要はなく、会社が入っているので心配はないです。事故でけがした際も労災保険があるので収入や治療費の心配もいりません。

保険があるからと言って危険運転をしていいわけではなく、常に安全運転を心がけるようにしましょう。

ぶっちゃけると自分は事故の経験があります。

この事故では被害者で、後ろから軽く乗用車にぶつけられたのでけがはありませんでした。

このように被害者になるリスクも伴っているので、もし始めてみようと思っている方は今一度考えてみてください。

まとめ

自分は約1年経験してあまり苦痛なく働くことができたと思います。

今は企業バイトを中心にバイトをしていますが、稼ぐことを目的とした方にはかなりおすすめです。

接客に自信がない方でも簡単にできるので、心配無用です。

また、最近ではUberEatsに登録して簡単に配達もできるので、隙間時間で気楽に稼いでみたい人にはおすすめです。