生活

大学生の一人暮らし事情【生活費公開します】

こんにちは!

今回はひとり暮らしについてです。自分は現在大学に通いながら一人暮らしをしています。この記事はひとり暮らしを考えている人、してみたい人に向けての記事になっています。なので、一人暮らしの生活費をはじめとした苦労などを自分の経験とともに解説していきたいと思います。

初めに自分の生活を簡単に紹介すると

  • 基本的に自炊はする
  • 飲み会はあまり参加しない
  • 浪費癖が少しある

といった感じです。

ではさっそく解説していきます。

生活費

皆さんは月の生活費と聞いて何を思い浮かべますか?「家賃や食費などかな」とあいまいな方も多いと思うので、項目をリスト化しました。

生活費リスト

  • 家賃…アパートやマンションなどの賃貸料(管理費を含む)
  • 光熱費…ガス、電気、水道代
  • 食費…朝、昼、夜などの食事代
  • 通信費…インターネットや携帯料金
  • 交際費…飲み会や遊びなどに使うお金
  • 交通費…電車やバス料金
  • 雑費…モノや美容院などのサービスに使うお金
  • その他…月額で契約しているサービス料金など

簡単にするとこんな感じです。

これらの項目に当てはまる金額を入れていくと月の生活費が産出されます。

ちなみに自分の生活費を公開するとこんな感じです。

ばやその生活費
  • 家賃 5.5万
  • 光熱費 0.8万
  • 食費 2.2万
  • 交際費 0.5万
  • 交通費 0.5万
  • 雑費 1.5万
  • その他 0.5万

合計すると11.5万円で、これがおよその生活費です。通信料は親が支払ってくれているので省いています。次に項目ごとのお金をどのようなことにお金を使っているのか

食費

基本的に自炊をするようにしているが、疲れているときはコンビニで済ませるときもあります。ここはもっと節約すれば1.5万くらいには落とせるでしょう。

交際費

基本的に飲み会には参加しませんが、休みの日に映画を見たりすることが多いです。普段からよく遊ぶ人はかなり多額になるでしょう。

交通費

バイトに行く交通費は支給されるので無視して考えています。主に買い物に行く際に使っています。

雑費

自分はよくアマゾンで買い物をしてしまうので意外と高くなってしまいます。月に1回美容院に行くのも含んでいます。

その他

これはNetflixやDAZNなどの契約料が主に占めています。ここも人によっては0にもできますし、もっとかかることもあります。

内訳はこのようになっていて、家賃も自分で払っているのでもちろん貯金なんてほぼ0です。(ちなみに親の収入がいいので奨学金は受けられませんでした…。)

人によって差は出ますが、先ほど述べたように、自分は自炊をして、飲み会に参加しない生活をする人なので参考程度にしてください。

ひとり暮らしで楽しいこと

自分は大学進学と同時にひとり暮らしをはじめました。もともと一人が好きな性格なのですごく楽しみでした。そんなひとり暮らしで自分が思う楽しいことをまとめてみました。

同居者に迷惑がかからない

これはひとり暮らしにおいて最大のメリットかもしれません。実家に暮らしていたときは夜遅くに帰宅したりすると誰かを起こしてしまったりすることがあったので、すごく申し訳なかったです。しかし、ひとり暮らしなら帰宅の時間を気にすることなんてないし、気を使うことも0です。

・テレビを独占

自分の実家ではテレビが1台しかなかったので、家族で話し合ってライブで見るのか、録画するのかを決めていました。だけどひとり暮らしなら当然のことながら独り占めです。やりたくてもできなかったテレビゲームを1日中やったりと、世間から見たらしょぼいですが、楽しんでました(笑)

・人を簡単に泊められる

これも実家では厳しくて、特に彼女を泊めることは絶対にできなかったですし、恥ずかしいのでしたくなかったです(笑)それがひとり暮らしなら自由にできるので存分に活用しました。

他にも楽しいことはたくさんありますが、書いていて「これって自分だけじゃね?」と思ってしまうので割愛します(笑)

ひとり暮らしでつらいこと

次はつらいことです。つらいのは1つだけで、それは家事です。当然のことながら一人なので、今まで親がやってくれていた家事全般を一人でやらないといけません。(家事代行をしてもらってもいいが、そんなお金ないです…)

一人暮らしの家事は主に

・洗濯

・掃除

・書類管理

(・料理)

この3つです。(自炊する人は4つ)

特に書類管理は重要で、クレジットカード発行時の書類や銀行の書類、各種手続きの書類など多くはないんですけど管理をしなくてはいけません。整理整頓ができないとどこにしまったのかがわからなくなったりなど、後々大変になります。

このようにすべてを一人でやらないといけないので、はじめのうちは大変でしたが、慣れてしまえば余裕です。生活力が身についたまま社会人になれるので、さぼらずにやることをお勧めします。

まとめ

今回はひとり暮らしについて自分の経験をもとに書いてみました。

自分の場合、実家が厳しかったのでひとり暮らしをしたいと思うようになったのでポジティブな思考から書いています。

中にはホームシックになったり、ひとりが寂しいといった人もいると思うので参考程度にしてください。生活費は抑えることもできますが、逆に増大していく恐れもあるので、月々の予算を決めて生活してみるといいでしょう!